イベント/講座/オープンハウスはコチラ ▶▶
さぁ、楽しもう!

家づくりは「暮らしづくり」
実現したい暮らしに、そっと寄り添う存在でありたい。
一緒に話しましょう。楽しい楽しい「これから」の話を。

注文住宅のポイント④-2建材・素材|工務店|東海市知多市大府市

注文住宅,ハウスメーカー,工務店,東海市,大府市,知多市 土地探し
こんにちは!!ナガタ工務店公報のマイちゃんです(*’▽’)
今日はすごく過ごしやすい一日でしたね~☆
秋の訪れを感じたのは私だけでしょうか??
ですが・・・天気予報を見たら💦また暑い日々が戻ってきそうです(´;ω;`)ウッ…
温度差が激しくなりますが、皆さん体調に十分気を付けてくださいね(⋈◍>◡<◍)
今日は注文住宅の家づくり成功の5つのポイントの4番目をご紹介します。
ポイント④構造・素材 の素材のお話しをさせて頂きます☆
住宅関連の本の中には「科学物質を使っている家は危険だ。
住宅には自然素材を使うべきだ!」
と書いてあることを目にした事ありませんか?
シックハウス症候群の問題が取りざたされる今、住宅の化学物質に対する目が厳しくなっているのは確かですよね。。。
そう言った影響もあってか、「ビニルクロス(ポリ塩化ビニルを主原料とする壁紙)は使いたくない」
「新建材(プリント合板、ビニルタイルなど、新しい材料や製法で作られた建材)は体に悪いから心配です」と言うお客様もいらっしゃいます。
ハウスメーカーや工務店さんの知り合いの職人さんに聞いてみると、前は現場で花がツーンとすることがある・・と言っていました。
しかし!!現在では、現場に行ってもそのような違和感を覚える事はありません。
今の環境基準は、以前に比べても厳しいものになっているんです。
有毒な化合物であるホルムアルデヒドは、発散するレベルによって☆の数でランク付けされています。
発散レベルが低いと認められた建材は、建築基準法によって使用量が制限されません。
こういった基準によって、建材の有害性は大きく改善されています。
「自然素材がベスト!!!」という言葉を鵜呑みにするのではなく、実際に現場に行ってみて自分自身で確認することが大切です(*^^)v
科学物質がダメだと言う人は、ハウスメーカーや工務店の建築現場に行くと確実に違和感を訴えるので、現場を確認するだけで判断ができます。
マイちゃんは幼少時、アトピーがとてもひどかったんです。大人になってからは大丈夫ですが😊
なので、自然素材はとても魅力的に感じます。
みなさんそれぞれ魅力に感じるところは違うと思います。
たくさん調べて、世界で一つの笑顔あふれる注文住宅の家づくりをしてくださいね(*´▽`*)
東海市・知多市・大府市で注文住宅を建てるなら、ナガタ工務店へご相談ください♪
自然素材を活かした家づくりハウスメーカー
?