イベント/講座/オープンハウスはコチラ ▶▶
さぁ、楽しもう!

家づくりは「暮らしづくり」
実現したい暮らしに、そっと寄り添う存在でありたい。
一緒に話しましょう。楽しい楽しい「これから」の話を。

東海市の工務店が本音で語る【工務店/ハウスメーカーの住宅検査体制】

工務店,ハウスメーカー,東海市,知多市,大府市,注文住宅 ナガタ工務店 リリース

こんにちは~ナガタ工務店広報のマイちゃんです(*´▽`*)
本日は、信頼できる工務店/ハウスメーカー選び20のポイントの16つ目
【検査体制】についてお話しします。
住宅の検査体制についても確認しておきましょう。
自社検査がどういう形でされているのか、第三者の機関が検査を行っているかです。
自社だけの検査体制では、どうしても検査が甘くなる心配があります。
今の時代は、法規制から義務付けられているので、その辺りの整備がされていない工務店・ハウスメーカーはほとんどないはずですが、
念のため、何が大切かをしっかりと理解しておく必要があります!!!
実際に私たち家を建てる立場からも、第三者の機関が検査することによって緊張感を持って仕事ができるのは事実です。
検査員は、防水部分や基礎配筋など、見るべきところをきちんと見ています。
お客様にとっては、家づくりに関してはいろいろと不安がある中で、第三者がきちんと検査をしてくれるというのは、
心理的にも心強いのではないでしょうか(*^_^*)
中間検査・完了検査も大事ですが、それよりも日常的にいかに検査をして事前にミスを防止させているかということが大切です。
あるハウスメーカーでは、建物上棟後に金物のボルトの締め具合をチェックするために、確認後、スプレーをしていると聞きました☆
そうした二重三重のチェックを繰り返すことで、しっかりとした品質の家が建てられていくのです!(^^)!
検査体制の確認は、次のような質問をすればわかります。
「建物の検査は、どのようにされていますか?」
「構造段階の記録はどうされていますか?」
と聞くこともオススメします☆
構造段階の様子は、完成後には見えなくなる部分なので、写真や動画を記録として残しておいてもらえると安心というわけです。
記録が残っていっると、将来的に間仕切りの変更などの際に、構造部がわかります。
図面だけでなく写真が残っていると、なにか障害はないのか、問題がないのかが一目瞭然ですよね(^_^)/
きちんと記録を残しておくことは大切です!!
しっかりした会社は、そうした記録
をしっかりと取っているものです☆

今年最後の【完成見学会】3週連続開催!!!!

12月3日(土)4日(日)  愛知県西尾市

12月10日(土)11日(日)  岐阜県多治見市

12月17日(土)18日(日)  愛知県東海市

問い合わせ:0120-946-411  Mail:info@nagata-k.jp

自然素材を生かした注文住宅を適正な相場予算で提案する建築会社ナガタ工務店
対象エリア:東海市/大府市/知多市/近郊

?