イベント/講座/オープンハウスはコチラ ▶▶

知多市でリフォーム|ちょうどいいまち ちた

自然素材

「ちょうどいいまち ちた」をテーマとしている知多市は、愛知県の知多半島北西部にあり、
名古屋と中部国際空港のちょうど間に位置しています。
知多市は、知多で暮らしている人々が、すべてにおいて「ちょうどいい」と感じられるまちづくりを目指しています。
すべてが揃い、生活をしていくのにほどよく、ちょうどいい・・・それが知多市と言えるでしょう。また、犯罪発生率の低さは愛知県内でも最低水準となっており、これは知多が誇れることと言えるのではないでしょうか。
地域や警察が一体となって、安心して生活できるまちづくりに取り組んだ成果です。
安心、安全であることでより知多市民が「いつまでも知多に住み続けたい」と感じ、知多に住んでない方達にも「いつか知多に住んでみたい」と思ってもらえるようなまちづくりに力をいれている町です。

そんな安心して住み続けれる知多市で家を購入して、そろそろリフォームをお考えのかたにお話ししてみたいと思います。
「リフォーム」という言葉を聞いてみなさんはどんな工事だと思いますか?
よく質問されるのが「リフォームとリノベーションってどう違うの?」という質問です。

一般的に「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを言います。
マンションやアパートの場合には、入居者退所後、その入居者の住む前の状態に戻すことを指す場合があり、原状回復とも言われてたりします。
なお、英語で「reform」は「悪い状態からの改良」を意味し、リフォームという言葉を使うときは、基本的に壊れていたり、汚れていたり、老朽化したりしている部分を直したり、きれいにしたり、新しくしたりすることを指します。

マイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いとして使われることが多く、例えば、外装の塗り直しや、キッチンの設備の変更、壁紙の張替などがリフォームに該当します。

一方、「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることを言います。

英語で「renovation」は「革新、刷新、修復」を意味し、リフォームがマイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いに対して、リノベーションはプラスαで新たな機能や価値を向上させることを意味します。
よりデザイン性の高いものに改良したり、住環境を現代的なスタイルに合わせて間取りや内外装などを変更したりすることなどが含まれます。

例えば、耐久性や耐震性を高めるために壁の補修を行ったり、家族が増えたので、しきりの壁をなくして、広々としたリビングダイニングキッチンにしたりすることなどが「リノベーション」に該当します。

工事の規模として、設備の変更や修繕など、システムキッチンやユニットバスの入替や壁紙の貼り換え程度の比較的小規模な工事は「リフォーム」に分類されます。
一方、間取り、水道管、排水管、冷暖房換気設備の変更など大規模な工事は「リノベーション」に分類されます。

古くなった家をリフォームするには、まずどこをもとの状態に戻したいか・・
どこを綺麗にしたいか・・とかを考えて、少しのリフォームでも工事をしてくれる知多市の
地元の工務店などに相談してみるといいと思います。
工事をしたい規模でも全然違いますし、必要な工事、いらない工事などがきっとわかってくると思います。

いつまでも住み続けたい知多市でリフォームをして、さらに快適に暮らしてみるのもいいと思います。

 


家づくりをお考えの皆さまのお役に立てますように。
自然素材の家づくり|自由設計で注文住宅を適正な価格を|ナガタ工務店
記事:知多市でリフォーム|ちょうどいいまち ちた


▪お問合せフリーダイヤル
 0120-946-411

▪ご相談/お問い合わせはこちらから





お名前  ※必須

メールアドレス ※必須

ご住所

電話番号(または携帯番号) ※必須

●要望にチェック(複数可)
 見学会に参加したい  セミナーに参加したい  パンフ/資料が欲しい 
 家づくりについて教えてほしい  資金計画について相談したい  土地探しについて教えてほしい 

お問い合わせ内容(相談したいこと/探しているエリア/予算/段取りなど)
※電話連絡を希望の方は連絡の時間帯など記載ください

【個人情報の取扱いについて】
本フォームからお客様が記入・登録された個人情報は、資料送付・電子メール送信・電話連絡などの目的で利用し、弊社にて保管します。ご本人の同意がない限り第三者には提供いたしません。

preloder
タイトルとURLをコピーしました