イベント/講座/オープンハウスはコチラ ▶▶
さぁ、楽しもう!

家づくりは「暮らしづくり」
実現したい暮らしに、そっと寄り添う存在でありたい。
一緒に話しましょう。楽しい楽しい「これから」の話を。

東海市の工務店が本音で語る【工務店の報告/連絡/相談】

工務店,ハウスメーカー,東海市,知多市,大府市,注文住宅 土地探し

こんにちは~ナガタ工務店広報のマイちゃんです(*´▽`*)

本日は、信頼できる工務店・ハウスメーカー選び20のポイントの18つ目
【報告・連絡・相談】についてお話しします。
お客様にとって家づくりは初めての経験ですから、先が見えないと不安になります。
工事は長丁場でもあるので、「何がどう変わっているのか」というのが分からないまま進んでしまうと、お客様の不安も募りますよね、、、。

それを解消する仕組みが「報告・連絡・相談」(報・連・相)です(^O^)/
行き違いによるトラブルやクレームのほとんどが、ちょっとした原因によって起きています。
建設中に構造体の一部に穴を開けたとします。何も聞かされていないお客様は、不安がどんどん大きくなります。
工務店やハウスメーカーである施工側が、「これは工事を進める上でやむを得ない穴で構造耐力上支障がないサイズのものなのです」と丁寧に説明すれば、お客様も納得してくれます。
「報・連・相」の1つめのポイントは、「設計時と実際の工事にズレがあれば、すみやかに説明してくれる」「工事の際の連絡」です

☆2つめのポイントは、「報告頻度」で、「工事の進捗状況を定期的に伝えてくれるか」です。
「実際の進捗状況は、どのような形で報告されていますか?」という質問をしてみてください。
報告の手段は、電話・メール・FAXいろいろあります。お客様の環境にあう手段での報告がいいですよね。
細かい工事の内容は報告をされてもわからないかもしれません。
それでも「しっかり工事を行っています」という報告を定期的にうけるだけで、工務店やハウスメーカーへの信頼感は保たれるのではないでしょうか(^-^)
工事の状態をみて変化があれば報告してもらえるというくらいでもよいでしょう。
実際、私、大田家ではそのようにしてもらいました。「先の見えない不安をフォローする姿勢があるかどうか」が大切です
報告を通して、その会社が1つの現場をいかに大切にしているか?そんな姿勢を確認できれば良いでしょう(*^-^*)

今年最後の【完成見学会】3週連続開催!!!!

12月3日(土)4日(日)  愛知県西尾市|注文住宅

12月10日(土)11日(日)  岐阜県多治見市|注文住宅

12月17日(土)18日(日)  愛知県東海市|注文住宅

問い合わせ:0120-946-411  Mail:info@nagata-k.jp

自然素材を生かした注文住宅を適正な相場予算で提案する建築会社ナガタ工務店
対象エリア:東海市/大府市/知多市/近郊

?