イベント/講座/オープンハウスはコチラ ▶▶
さぁ、楽しもう!

家づくりは「暮らしづくり」
実現したい暮らしに、そっと寄り添う存在でありたい。
一緒に話しましょう。楽しい楽しい「これから」の話を。

自然素材のホンモノとニセモノ

◆なぜ今、“自然素材の家づくり”が注目され、必要とされているのか◆

「健康被害」を招く化学物質とシックハウス症候群。

住宅の高気密・高断熱化がすすむ一方で、建材に含まれる化学物質によって心身の不調を訴える人も増えています。
目の痛みやかゆみ、頭痛や集中力の低下など人によって症状はさまざまですが、新築やリフォームをきっかけに、いわゆる「シックハウス症候群」を発症するケースは少なくありません。
一般的な住宅に使用されている合板や壁紙、塗料や接着剤などには、ホルムアルデヒドをはじめとした有害な化学物質が含まれていることが多く、室内の空気が汚染され、不快な症状を引き起こす原因となります。さらに、汚れた空気の中で生活をし続けることによって、より深刻な健康被害を招くおそれもあります。
長い時間を過ごす場所だからこそ、健康で安心して暮らせる住まいを提供することが大切であると考えます。

 

◆“自然素材”と謳っていれさえすれば良いのか?いいえ、ダメです!◆

日本は先進国の中でもシックハウス症候群に悩んでいる人たちがすごく多い国なのです。

家づくりを考えていく中で、デザインや機能性だけでなく最も重要なことは「健康で暮らせる家であるかどうか」です。
シックハウスの様々な症状は、原因物質が直接肌に触れたり、空気中に発せられる化学物質によって引き起こされます。
化学物質過敏症の人だけでなく、赤ちゃん、年配の方などは特に影響が出やすく心配です。
そのため今日では「自然素材住宅」を検討される方が増えています。
しかし、売られている「自然素材住宅」がすべて本当の健康住宅かといえば残念ながらそうではありません。
ご家族の健康と未来を考えて、「本物の自然素材住宅」を選ぶことがすごく大切だと考えています。

?